風俗は人妻に限る

微乳というのは実は武器だったんです

微乳風俗嬢には全然興味がありませんでした。なんで巨乳がこれだけゴロゴロしているのに、好き好んで小さい子と遊ばなければならないのか。恋人が微乳だったとかならともかく風俗では自分で選べるんです。だから微乳を選ぶよりも巨乳を選んだ方が男として楽しいだろうっていう気持ちはありましたけど、この前フリーでやってきたのが微乳のSちゃんだったんです。決して大きいとは言えない…というか、小さいと言った方が良いでしょう。そんなバストの彼女だったんですけど、でも微乳って噂通り、いや、それ以上ですかね。あれだけ感度が良いとは思っていませんでした。だからこちらもついつい攻めることに対して加速してしまった部分はありますよね。攻めるのがこれだけ楽しいとなると、これは凄いなと。自分の気持ちもいろいろなものになるというか、これだけ楽しませてもらえるのであれば損はしないというか、本当にいろんな気持ちを味わうことが出来ましたから。

ポイントも分かってきたからこそ

風俗で遊んで満足する際のポイントが自分なりに見えてきたかなって思っています。それまでは自分でも結構おぼろげというか、何が勝負の分かれ目なのかなんてよく分かっていませんでした。それがです。最近はこのポイントを押さえておくだけでもこちらの快感が結構違うなってことに気付いたんです。それは相手のプロフィールをちゃんとホームページで見ておくことです。相手どうこうと言うよりも、相手がどのような存在なのかちゃんと調べておくだけで全然違うんだなって。相手のことを知っているというだけで、じゃあ自分はどうすべきなのかとか、相手のことが分かっていれば自分の緊張を軽減してくれたりもするんです。こうして考えるとメリットばかりなんじゃないのかなと思うんですよね。それに相手を知っておけば、じゃあその相手に対してどのようなことをするのが良いのかも見えてくるんです。こういったことを考えられるようになってきたので、風俗が楽しいんです。